オワタ - fc2 blog -
スパロボっぽいのとか、その他色んな絵等を割りと色々掲載するブログ

スポンサーサイト (--------)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18 (2012-11-27)

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさんの企画、
「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」
に今回も参加してみました。思いの外、長文になってしまったので興味ない方はスルー推奨で。
とりあえず企画概要はこちらです。

■氷菓
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 5
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4
合計 24

[原作未読]
安定の京アニ。日常で冒険しすぎた反動か、かなり手堅い印象を受けました。
キャラ的には、ヒロイン2人出し抜いて主人公のほうたるが一番可愛かったと言う所も評価点。
無気力系でありながら、活躍(序盤)→挫折(イリス戦)→確変(カンヤ祭)と、少年漫画みたいな道程を辿ったのもヒロイックで良かったです。
本作で一番考えさせられたのは、里志がアレすぎて、やっぱりアニメはハーレムものの方が良いかも…となってしまった所で。
クラナドなら杏か智代あたりが蹴り飛ばしてくれたはずなのですが、
本作唯一の物理アタッカーである摩耶花さんが里志に惚れていると言う事でそれもままならず…
ただ里志は里志で必要ではあったので、こういうキャラ配置は難しいなぁと思いました。
そんなわけでとりあえず、
ナコルル先輩と十文字さん(巫女)のスピンオフが見たいです。

■TARI TARI
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 5
総合的な評価 4
合計 25

みんな歌うま過ぎ吹いた。特にショウテンジャー時の和奏さんが荒ぶってた。
シンフォギアもみんな上手かったけど、本作とはベクトルが違い過ぎて比較しようもない所が面白かったです。
元々私は、けいおん!的なガールズバンドのが好きだったのですが、こういうガチの合唱も声優の歌が上手かったらアリですね。
ストーリー的には、
それなりに事件もあるけど、言う程奇跡は起こらない、
それなりにみんな優秀だけど天才は居ないし、思い通りの未来を掴めたキャラも居ない、
それなりにサービスカットはあったけど、一番脱いだのは来夏の弟、
そんな、かっ飛び過ぎてない柔い語り口も見てて心地よく、後味も非常に良かったです。
そんなわけでとりあえず、
美術部部長のスピンオフが見たいです。

■人類は衰退しました
ストーリー 4
キャラクター性 5
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 4
合計 22

[原作未読]
社会風刺アニメって前評判が鼻をついたのでスルーしてたのですが、知人が推すので見てみたら凄い面白かった本作。
わたしちゃんの硬軟織り交ぜた語り口が信じられないぐらい良かったです。声優の勝利。
もうずっとわたしちゃんが喋ってれば良いよって思ってたら、ホントに最後までそうだったのも評価点。
タイトルから、もっと逼迫した世界観かと思いきや、同人即売会やったりと意外と緩い感じで
衰退した世界で頑張る話というより、フェアリーテイマーわたしちゃんが怪奇現象を解決すると言うオカルトアニメだった模様。
そんなわけでとりあえず、
わたしちゃんと助手さんの薄い本よろしくお願いします。

■ゆるゆり♪♪
ストーリー 2
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 4
総合的な評価4
合計 21

[原作未読]
満を持して放送のアッカリーン2期。
1期は歳納さん無双でしたが、2期は、ひま×さく推しな印象?
意外とあかり主演話も多く、あかり=空気な感じがほぼ無くなった気がしました。
やはり個人的に班分けするなら、ごらく部・生徒会ではなく、1年生・2年生で分けた方が良いと思うのですがどうか。
後、おおむろけの声優陣がガチ過ぎてヤバいです。ちょっと勘ぐってしまいたくなるレベルで。
そんなわけでとりあえず、
うすしおが大好きになりました。

■DOG DAYS'
ストーリー 2
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4
合計 21

七海とはなんだったのか。
1期でチラつかせたシンクの七海超えをやるのかと思いきや、蓋を開けてみるとベッキー無双だった本作。
やはりガレット側につくと出番的に厳しかった模様です。
その辺り、完璧に把握してピンの仕事増やしたノワの慧眼たるや…。これだからハナザーキャラは侮れない。
お話的には、1期で叩かれた(?)シリアス展開を完全に排した、緩い展開を最後まで引っ張る攻勢がとても潔く。
異世界の勇者はケモノ玉になれないので、フロニャ力の働く戦興行でも結構危険だった気がするのですが、
そんな事を意識させない領主達の手腕には頭が下がるばかりです。
ただ姫については、エクセリード抜いてガチに殺しに掛かってたけど、これも獣の習性でしょうか?
キャラの出番的には、新人増加に伴い、既存組が煽りを食いまくった感じ。
特に、召喚システムを組み上げてやることなくなったリコは、ロリ枠をクー様に奪われ、
嫁枠だったはずのエクレはキスまで持ち込むも、日常パートではハブられまくる厳しい展開。
そんな中、脇役から一気に出番を増やしたユッキーとノワはかなり健闘したと思います。
新人ではやはり、キタエリキャラなのに幸せそうなAU王と、あっさりシンクと風呂に入るクー様が強かった。
2人とも他に駒がいないパスティヤージュ枠な事もあって3期でも活躍が期待出来そうです。
とはいえやはり。最終回の最後の最期、地球に戻ってから全力全開で一騎駆けしたベッキーが今期のMVPだったと思います。
そんなわけでとりあえず、
風月庵組でスピンオフお願いします。

■境界線上のホライゾンⅡ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4
合計 22

[原作未読]
点蔵もげろ。

■織田信奈の野望
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 5
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4
合計 24

[原作未読]
僕らの金朋が帰ってきたよ。しかも噛みキャラ。素で噛んでるのか台本通りなのかは不明だったけど。
本作は所謂よくある戦国美少女アニメでしたが、作画が半端なかったのと主人公に好感が持てたのが評価点。
何となくハーレムアニメのお手本的な印象を受けました。
やはり男主人公には性欲は必須かと。
キャラの配置も絶妙で、ヒロインがちゃんとヒロインしていると言うハーレムものでは珍しい良いバランス感でした。
脇役も、餌付けされてる犬千代とか伝統的なツンデレの光秀、最終金朋の五右衛門など、優秀所が揃って居ましたが、
さすがと思わざるを得なかったのは、やはり信勝。
初見で中の人的に、秀吉が信勝wwwと盛大に突っ込んだものですが、キャラ特性を知って凄く納得しました。
そんなわけでとりあえず、
ほとんど見たことない、今川義元の薄い本よろしくお願いします。

■ガンダムAGE
ストーリー 0
キャラクター性 3
画 2
演出 1
音楽 2
総合的な評価 0
合計 8

[ゲーム未プレイ、小説未読]
章ごとに評価が違うので、分けて書きます。

・フリット少年期編
通称イワーク編。
恐らく1番(外野が)盛り上がった章。
宇宙とか関係なく遠近感がおかしくなる頭身や、棒立ち+忍者走りマニューバなど第1幕らしい手探り感がありました。
ヒロインが空気で、主人公が他所で女作る所などは、それなりにガンダムを意識していたようにも見て取れるので、ある意味好印象。
この時期はホビット種やドワーフ種が人口の3割ぐらいを担っていたようですが、徐々に淘汰されていったようです。

・フリット更年期編
ガンダムより機動力の高いヒロイン・ロマリーさんが各所に現れ、アセムとゼハートを惑わしてたけど、
最終的にはBL展開になってたような話…だっけ?
正直メイン3人のトライアングラーより、キノコと整備士さんの方が気になってました。
学生時代編をもっと長くやっていれば良かったと思うのですが…。

・フリット老年期編
通称バスク・オム編。いよいよフリットがボケたと思いましたが、考えてみれば元からだった。
何というか、敵味方共に偉い人がボケていたため、戦争としては咬み合って居た所に無意識の妙を感じました。
絵的にはもう何か吹っ切れたのか、フラムのMSがリューナイト化して魔法使い出した所は好印象。
やはり、最初からダンボールイナズマガンダムとしてKIDS路線でいけば良かったんだなと。
ただ、ディーヴァの最期のシーンだけはさすがに1年見てきた事もあって胸に来るものがありました。

・まとめ
種運命よりアレなガンダムなんて今後出るわけねえだろ。と思っていた自分の浅はかさと言ったら…。
どうせ爆死だろと思ってたものがホントに爆死してしまうと、それはそれで恐ろしいと初めて知りました。
4話以降は”歴史に立ち会う”と言う使命感で見てましたが、さて意味があったのか。
こんな気持ちはスパロボKをクリアして以来なのですが、あれはあれで思い出の中で光になってくれたので、
やっぱりフリットと過ごしたこの1年は無駄じゃなかったと思います。

■その他、見たけど評価不能or途中で切った作
・輪廻のラグランジェ season2
話が良く分からんかった…。

・貧乏神が!
ハナザーさんの怒声が聞けたからいいや。

・恋と選挙とチョコレート
割りと好きだったけど、自分、みーちゃん派なので。

・この中に1人、妹がいる!
割りと好きだったけど、自分、天導会長派なので。

・じょしらく
1話で切ってしまったのですが、早まった?

・はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)
鬼畜って言っちゃうと、ランス君のが上位種なので…。しかし何度聞いても美兎の声が日笠さんには聞こえない…

・だから僕は、Hができない。
鬱展開いらなくね?

・カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~
神話の話がテンポ悪すぎて…。

・ココロコネクト
風評被害を差し置いても、最期の後味悪すぎ…。イナバンルートでお願いします。

・アクセルワールド
ダスクテイカー編がキツすぎた…。とりあえずレイカー師匠の薄い本をですね…。

---

■ベストキャラクター賞
わたしちゃん(人類は衰退しました)

■ベストOP賞
いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪(ゆるゆり♪♪)

■ベストED賞
潮風のハーモニー(TARI TARI)

■ベスト声優賞・男性
井上和彦さん(ガンダムAGE:フリット・アスノなど)

■ベスト声優賞・女性
中原麻衣さん(人類は衰退しました:わたしちゃんなど)

---
■総評
某ソウルイーター以降、声優の重要性を意識してアニメを見るようになったのですが、
やっぱり人退の中原さんが飛び抜けていた印象なのが今期。
最近、アイドル声優のゴリ押し起用に慣らされてしまったせいか、余計にその感が強かったです。
かく言う中原さんも一昔前はゴリ押されてた側だったわけですが、やっぱりそのキャリアは伊達じゃない模様。
学舎時代編で更に沢城さんにも挟まれる形となったイカちゃんは勉強になった事でしょう…。
男性声優としては、やはりフリット一強。特に爺ちゃん時代は凄まじかったです。
世代的に井上和彦さんと言えば、美味しんぼの山岡士郎だったのですが、今回で完璧に上書きされました。
この調子でスパロボ参戦時も荒ぶっていて貰いたいです。

コメントリスト

(2012-11-27 02:17:46) [ 編集 ]
ガンダムAGEと俺が同列だなんて許されることじゃない…!
(2012-11-27 07:32:46) [ 編集 ]
監督日野晃博・脚本小峰徳司で歴史に残る作品を作って欲しい
チョマ (2012-11-27 09:12:37) [ 編集 ]
・氷菓、TARITARI
どちらも所謂ファンタジー要素はない純粋な日常ジュブナイル作品として良作でした。苦い展開もあるけど鬱というわけではないのもGJ。現実でも才能って自分の望んでいたのと違う物だったり、また才能があっても思い通りにいく事の方が少ないと思います。
チョマ (2012-11-27 09:16:03) [ 編集 ]
・境界線ホライゾンⅡ
点蔵もげろ。Ⅱ(2巻)はこれに尽きる、そして原作は鈍器(笑)
あきとさんの点数が低いのは個人的に意外でした。膨大なキャラと設定や現実とはかけ離れすぎの世界観に萎縮してしまう人も少なくないみたいです、鈍器なのも含めて…。その最初の関門越えると見事にハマるのですが(自分が後者でした)。ただスパロボには向いてないですよねこの作品。戦艦落とせるズドン巫女はじめ生身の人が強すぎです(笑)

また別の作品の感想も書いてしまうかもしれないですがその時はまた確実に長文と分割になるのはすみません(汗)
あきと (2012-11-27 13:43:14) [ 編集 ]
天下のガンダム様と同列なんて栄誉な事ですよ、猿渡さん!

互いの弱点を打ち消しあえばあるいは…

その2つは、派手な作品が跋扈する中、大人しい設定でありつつ語るべき所を語った良作だったとおもいます。
そしてやっぱり欝展開は控えめが良いですよね…何話も続くと心が折れそうになる。

さすがに原作未読組としては説明不足な点が多かったのが…。
1期は分からないなりに、ホライゾンに告る、という明確な目標が分かったので良かったのですが…。
確かにスパロボには向かないかもですね。そもそもロボメインじゃないし。
(2012-11-27 15:53:17) [ 編集 ]
境ホラは
一期…トーリが生け贄のホライゾンを助けて告る話
二期…点蔵が生け贄のメアリを助けて告る話(パクリ)
または一期は全裸になるまで、二期は全裸のままで最後に服を着る話と覚えてればいいかと(いいのか?)

まあ、ごった煮感はムゲフロやサモンナイトに似てる面があると思うのでそれらと同じくWikiやサイト等から予備知識入れてるとまた楽しめると思います。オパーイ格差が酷いのも共通であります(笑)
(2012-11-27 21:41:22) [ 編集 ]
境界線上のホライゾンの感想が実によく染みる
タルタロス (2012-11-27 21:45:19) [ 編集 ]
・ホライゾン

 以後ももげろと言われるキャラクターが増え続けることに・・・・。
 最も、個人的にアニメホライゾンで一番驚くべきことは、読める鈍器とも呼ばれる厚さの本をアニメ化した製作スタッフの狂気とも呼ばれそうな情熱ですけど。

・ガンダムAGE

 探せば見所もありますけどね。
 個人的にはアセムのガンダムAGE2とゼハートのゼイドラとの初戦闘で、変形も駆使しての高機動戦は手に汗握りました。
ドーガ (2012-11-28 01:17:15) [ 編集 ]
ガンダムはなんだかんだ言って1年間やれるって強みがありますからね…
でもミネルバ沈むシーンは別に胸に来なかったような…あっ(察し)
ウン十年続いてるシリーズの中にああいうのもあっていいんじゃね?くらいの印象です、AGE
種運命とはアレさのベクトルが違うし、そもそもガンダムって大なり小なりアレなもんだと思って見てきたので

ヘタに原作(特に小説、ラノベ)読んでるとアニメ化の際絶望したりしなかったりするのがなんとも
そういう意味では氷菓は良かったみたいですね。小説しか読んでねえけど。ホータローが可愛いのは仕様です

とりあえず来春のクライムエッジがすげえ楽しみな反面不安。アニメにしていいのかアレ。
ふゆ (2012-11-28 02:31:14) [ 編集 ]
ホラ原作は巻数が進めば進むほどもげなきゃいけないキャラがry
(2012-11-28 04:03:51) [ 編集 ]
AGE:権力者が現場に首突っ込み引っかき回したらこうなるという例

コネクト:権力者が現場に首を(ry
それと声優さんがお偉いさん命令に逆らう事なんて出来るわけないのでそこは皆も理解するべきだと思う
(2012-11-28 04:59:41) [ 編集 ]
マイナスにマイナスを重ねれば+になるんですよ猿渡さん!

つまり、アクエリEVOL×あげ×エウレカAO×艦内愚痴士クリスタルハート
を掛け合わせればWを超える良作が生まれるって寸法ですよ、ヴァンさん!
あきと (2012-11-29 13:27:03) [ 編集 ]
wikiはネタバレが怖くて中々手が出せないですね…。
話毎のまとめスレとかでなんとか追いかけていた感じです。

今期の感想はそれに尽きると思うので…

確かにあの鈍器を数クールで収めた功績は凄いですよね。
原作組からも評価高いってのも珍しい。

ミネルバは主人公艦じゃないし…。かといってアークエンジェルも違うという…。
ラノベのアニメ化は、原作ファンにしたら結構ギャンブル感がありそうですね。
オーフェンとか…。

もげろキャラ増えるのか…。まぁ点蔵や宗茂様レベルなら良いのですが…

権力者と、あと素人ですかね。
小説版は評価高いらしいので、やっぱり何事も専門家に任せるのが良いのでしょう。

その掛け合わせだとシナリオが死ぬけど、絵的には悪くないかも?
私はエウレカAOはスルーしたのですが、これは正解だった模様?
名無しのフィール (2012-12-02 02:52:49) [ 編集 ]
>アクセルワールド
ダスクタイカー編は見るのが辛かったですが、最後の翼+ブースターのスーパーマニューバーは見てて良かったと思いましたね。

>じょしらく
絶望先生や改造などの久米田カラーが苦手でない人にしかおすすめできない・・・
(2012-12-02 06:54:21) [ 編集 ]
ところであきとさんは第2次OGのプレイ日記はやらないんですか?
あきと (2012-12-03 11:50:03) [ 編集 ]
ネガ・ネビュラス組は何かレイカー師匠以外はみんな裏切りそう感があって、別の意味でハラハラしてました。
後、アクセル・ワールドとしては、途中からSAOが始まってしまったのも逆風だったかも知れませんね。

今はちょっと多忙なので…
ピッコロ (2012-12-14 16:23:13) [ 編集 ]
こんにちは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の総責任者のピッコロでございます。

このたびはお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂いて本当にありがとうございました。早速集計に加えさせていただきました。

なお、今回の企画の中間集計結果の発表については、本日・12月14日(金)夜11時から放送のネットラジオで行う予定でございますので、お時間がありましたら聞いて頂けると嬉しいです。

詳しくはこちら→ttp://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6509.html

どうか次の企画も参加して下さいませ。それではこれからもよろしくお願いいたします。
正宗 (2012-12-14 21:58:15) [ 編集 ]
いやぁ、AGEを見ているとマジでガンダムの企画って袋小路に入っているんだろうな
あきと (2012-12-15 13:19:09) [ 編集 ]
ご丁寧にコメント頂きありがとうございました。
貴企画の集計結果はいつも興味深く拝見させて頂いております。
これからも機会があれば参加させて頂こうと思いますので、その際はよろしくお願い致します。

まぁ単に支持層を広げようとして失敗しただけですから、そこまで深刻でもないような。
裏でユニコーンを出したりしてリスク管理はしていたようですし、ゲーム売れなかった以外は想定内だったはずかと。
当時のイナヅマやダンボール人気を見れば、レベル5に任せるのもそれほど分の悪い賭けでもなかったはずですし。尚結果は(ry
むしろ日野さんの方がレベル5デスを喰らいそうで…

コメントの投稿

名前:

コメント:

パスワード:

トラックバック

http://owata11.blog87.fc2.com/tb.php/677-7b2a7f8c

 | HOME | 

┌ 最近の記事

┌ 最近のコメント

┌ 最近のトラックバック

┌ カテゴリ

色々まとめページ

┌ 月別アーカイブ

┌ その他

あきと
あきと:

・当サイトはテンプレいじりまくった割りにあんまりチェックしないで作られてるっぽいので、ブラウザによっては表示がイカれる場合があるかも知れません。っつか、多分IE以外は狂ってるっぽいです。ごめんなさい。
・絵は「色々まとめページ」に、去年分までまとめて掲載しています。
・カテゴリ分けは思案中なので、いきなり変わるかも知れません。
・当ブログのIDはowata11です。owataが既に取られていたので、スゥボータ嬢の栄光のカーナンバー、ラトゥーニ11(ダブルワン)から11を頂きました。

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED

FC2Ad


┌ メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。